西川

日本の寝具メーカーの最大手。
歴史のある企業だが、近年はホームファッション製品を製造・販売する企業として、主に布団や各種カバー類のほか、ベッド・タオル・リラックスウェア・クッションなどを扱っている。このほか、マイナス電位(マイナスイオンではない)を発生させる温熱治療器「ドクターセラシリーズ」の製造・卸売、一部のボランタリーチェーンを対象に宝飾品(ラザールキャプラン等)や浄水器・マッサージチェアーなども取り扱っている。なお、安土桃山時代の創業(後述)当初に製造・販売した蚊帳は現在でもごく少数ながら取り扱っており、大人用のほかオルゴールが付いた乳児用など様々な品種がある。
グループ各社で使用されているロゴマークは、「西川」の文字を丸枠に押し込んで変形させたモノグラムである。

創業は1566年。西川家はもともと西川甚五郎商店と称した近江商人の代表的家系で、俗に「近江八幡の御三家」といわれる名門商家[1]だった。
八幡山城(近江八幡城)を築城した豊臣秀次によって楽市・楽座の政策が発表された翌1587年、西川仁右衛門(初代)が近江商人発祥の地である八幡(現在の近江八幡市)に店を開き、蚊帳を製造・販売を開始し、のちに畳表の製造・販売にも力を入れた。徳川家康が江戸幕府を開き、商業発展の基点となる日本橋(現在の東京都中央区)付近に有力な商人を誘致したさい近江商人より4家が選ばれ、1615年、日本橋のたもとに出店した(現在の日本橋西川)。1789年には「三ツ割銀制度」を導入。売り上げから運転資金、原材料費、火災等の為の蓄え金を除いた残りを従業員に分配する現代の賞与のような制度。当時としては類を見ない画期的なシステムであった。また1920年には早くも給与制を導入。こういった常に時代を先駆ける社風は歴史を重ねた現在も持ち続けている。
布団の製造・販売は1887年、大阪・京都の両支店[2]で始まり現在に至っている。

本社 – 東京都中央区(所在地から「東京西川」と呼称される)
支店 – 札幌市・名古屋市・大阪市・福岡市

物流センター
大利根センター(本部) – 埼玉県加須市
札幌センター – 北海道札幌市中央区
宇都宮センター – 栃木県宇都宮市
名古屋センター – 愛知県名古屋市
関西センター – 大阪府和泉市
今治センター – 愛媛県今治市
鳥栖センター – 佐賀県鳥栖市

主なブランド
セリーヌ・バーバリー・ウェッジウッド・イヴ・サン=ローラン・ハナエモリ・サンダーソン・井上千鶴・デザイナーズギルドなどのブランドのほか、アンパンマン・ポケットモンスター・ハローキティ・きかんしゃトーマス・けろけろけろっぴなどのキャラクター商品も扱っている。また、「アトリエ・ミタ」に代表されるハウスブランドも多様な展開を行っている。このほか、ミタダイスケ[3]がプロデュースする四季折々の花柄をモチーフとしたデザインの展開や、無地カラーで素材感を追求したクオリアル・DAY & DAY・afitなどがある。素材面や生地の多様性で春夏秋冬に対応するカバーなどもあり、ユーザーの使い方次第では夏場はタオルケット、冬場は起毛素材のふとんカバーとしても使用出来るタオルカバーがありブランドでの商品展開も行っている(サンダーソン・セリーヌ等)。 近年では省エネや環境に優しくエコな商品として夏場にエアコンを使用せずとも涼感を得るのが可能なパッドシーツ等の商品郡も展開している。

関連会社
心斎橋西川
西川の関連会社の一部はボランタリー・チェーンとして運営されている。
株式会社西川(日本橋西川)
株式会社心斎橋西川(心斎橋西川)
西川リビング株式会社(旧・大阪西川)
株式会社京都西川
昭和西川株式会社(代表取締役:西川恵)
泰道リビング株式会社
西川テックス株式会社(代表取締役:西川康之(通称:八一行))
日本橋西川ビル株式会社
西川レベックス株式会社(旧・安眠工業→東京レベックス)
西川サービス株式会社
西川ビジネスサービス株式会社
西川ベッド製造株式会社
西川協保株式会社
株式会社東京西川コーポレーション
西川ロジスティックス株式会社