センベラ

センベラ(sembella)は、厳選自然素材にこだわったナチュラルマットレスブランド。センベラマットレスは、健康と環境に関心が高いヨーロッパで評価され、日本国内では、株式会社関家具が日本総代理店として取り扱う。センベラのマットレスは天然のゴムの木からとれる樹液を水蒸気で長時間かけ発泡させたラテックスフォームを使用。自然素材なので体に優しく、1枚1枚型に樹液を流しこんで発泡させているので、形崩れしにくく、耐久性に優れています。センベラのカバーに使用されている素材は、アルプスで育った羊から採れた羊毛で、弾力性が高く、通気性、除湿性にも優れている天然のウール。センベラは1960年代にライナーグリツキーにより設立。元々タイヤを製造していたSemperit社からその会社を買い受けたのが、センベラの歴史の始まり。1986年にライナーグリツキーは、sembella Liegekomfort社をドイツのエニゲロフに設立。彼の兄弟であるアーノルドグリツキーがこの会社を任された後、アーノルドはまっ先にラテックス製マットレスの製造を開始。センベラによりドイツのマーケットで販売された最初のマットレスは藁、ビート、麻とココヤシで作られたものであった。フォームは天然ラテックスフォームにおいて40年の歴史があるヨーロッパの工場で製造された。1992年に、センベラはベルギーのレクティセルグループに入り、ドイツにおけるナチュラルマットレスの プレミアムブランドとしてご愛用され続けている。sembellaはSemperit社とイタリア語のbella(“美しい”を意味する言葉)に由来している。
国内のショールームは、東京/大阪/福岡と、ナチュラ関家具新宿ショールーム。