アンネルベッド


本社を広島に置く、中堅の国産マットレスメーカー。ダブルフレームによるマイクロポケット5ゾーンマットレスなどが主力商品。ふんわりやわらかい独特な感触のウレタンフォームで、高弾性素材でやわらか過ぎずこしが強く底つき感がなく、通常ウレタンフォームの2.5倍以上の超高通気でマットレス内に湿気がこもらず快適な使用感。マットレスを5ゾーンにわけ頭部、肩部、腰部、脚部と体のバランスにあわせてコイルの配列をかえています。平行配列でやわらかめと交互配列でかための2ゾーン2種類の感触です。横向き寝や寝返りの際に肩にあたる部分は平行配列でソフトにサポート、また体重の最もかかる中央部はコイルをギッシリ詰めた交互配列でしっかりサポート。その他にも線径の異なる2種類のコイルが作用し理想的な寝姿勢を実現したコンフォートハニカムマットレスなども製造。

沿革
昭和9年4月:石田木工所を創業
昭和35年6月:有限会社石田木工所に改組。代表取締役に石田道彦氏就任。
昭和41年9月:広島市出島2丁目19番6号に新工場を建設
昭和44年2月:豊栄工場設置、木製二段ベッドと生産開始
昭和46年3月:商号をアンネルベッドとし、ベッドフレーム・マットレスの量産製造開始
昭和46年9月:株式会社アンネルベッド設立。大阪営業所、九州営業所、東日本事業部、広島営業所を開設。
昭和47年9月:仙台工場を建設(マットレス部門)
昭和47年12月:仙台営業所開設
昭和49年11月:郡山営業所開設
昭和50年5月:四国出張所開設
昭和51年2月:埼玉営業所開設
昭和51年3月:福岡営業所開設
昭和53年5月:千葉営業所開設
昭和54年12月:株式会社アンネルベッドが一般建設業許可(建築工事業、内装仕上工事業)を受ける。許認可番号(般-54)第16899
昭和55年9月:仙台工場・仙台理行書新築移転
昭和55年11月:株式会社アンネルベッド広島工場がJIS S1102住宅用普通ベッドの許可工場となる(許可番号 680027)
昭和57年8月:株式会社アンネルベッド仙台工場がJIS S1102住宅用普通ベットの許可工場となる(許可番号 282031)
昭和59年2月:札幌営業所開設。旭川営業所開設。
昭和59年10月:株式会社アンネルベッド広島工場が製品安全協会登録優良工場として通産省産業大臣により表彰
平成1年9月:代表取締役に石田好男氏就任。釧路出張所開設。
平成2年7月:広島市南区出島2丁目14番56号に本社ビル新築移転
平成3年8月:北海道工場、配送センター新築操業
平成5年4月:名古屋営業所開設
平成10年5月:金沢出張所開設
平成11年11月:那須工場開設
平成12年5月:本社工場が広島工場敷地内へ移転、それに伴い名称を広島第一工場とする
平成16年4月:創業70周年キャンペーン実施
平成18年9月:代表取締役に石田朋宏氏就任
平成21年9月:Leiz-techTM ブランド取扱開始