マットレスの選び方

何人で寝るか

・一人で寝るのか?
・二人で1枚のマットレスに寝るのか?
・二人で2枚のマットレスに寝るのか?
・お子さんと一緒に3人で寝るのか?
等、マットレス購入において、何人で寝るかも重要な購入時の判断材料になります。一人で寝る場合は、本人の好みに合わせて自由に選べばよいだけなので、その他の場合について考えてみましょう。

:1234:二人で1枚のマットレスに寝る場合。
お互いの体系や好みや嗜好が全く一緒ということはまず無いので、ある程度の項目は妥協しながらも、お互いの満足度を最大限にできるようにすることが重要です。
【マットレスの柔らかさ】
二人で寝る場合は、多くの場合が男性と女性になると思われますので、体重や身長、骨格等の体系的な違いが出てきます。体重の軽い女性にとっては適度な沈み込みであるマットレスも、体重の重い男性にとっては、沈みこみすぎて寝辛い場合があります。
【マットレスサイズ】
二人で快適に寝る場合に最低限必要なサイズは、ダブルサイズと言われています。 しかし寝相の悪い人や、寝返りを良く打つ場合には狭く感じることがあります。クイーンサイズにまですると、ある程度の寝返り等も相手に気を使わずにできるくらいの余裕のある大きさです。最近ではダブルサイズを若干大きくしたワイドダブルサイズというマットレスもあるので、クイーンは部屋には入らないかも、という人にはワイドダブルという選択肢もあります。
【コイルの種類】
一枚物のマットレスに二人で寝る時は、相手への振動等を最小限に抑える為、ポケットコイルマットレスの方が、ボンネルコイルマットレスよりも好ましいとされています。
【ボトム】
クイーンサイズの1枚ものマットレスをポケットコイルにした場合、ボトムの選択として、セミシングルサイズのボトム2枚を並べるか、クイーンサイズの1枚物のボトムを使うかの選択があります。ボトムは通常ポケットコイルではないので、マットレスがポケットコイルで横に寝ている人への振動を抑えても、ボトムが1枚物でつながっている場合は、振動が伝わる場合があります。二人の就寝時間が異なったりして、相手の睡眠を妨げたくない場合は、ボトムの構成等も検討した方が良いかもしれません。


:1234:二人で別々のマットレスに寝る場合
セミシングル/シングル/セミダブル等のマットレスを2枚並べて一つのベッドにして二人で寝る場合は、お互いの好みのマットレスを購入すればよいでしょう。ただ、マットレスの厚み等が異なり、また柔らかさ等に極端な違いがあると、結局はシングルサイズのマットレスの上に寝ているのと同じようになってしまいますので、ある程度の統一が必要です。また、サイズ的にはクイーンやキングサイズであっても、2枚のマットレスを並べている以上は、いくらぴったりくっつけても谷間ができるので、一枚物のクイーンサイズのような広さには劣ってしまいます。寝返りを打って、つなぎ目の谷間の上に体が乗ると、マットレスの淵はコイル等がないので、耐圧分散的にも好ましくない状態となります。

 

コメントを残す