マットレス、ボトム、ヘッドボード、ベッドパッド、羽毛布団・・・・・、もうこれ以上お金をかけたくない。と思っていても、商品購入以外にも、意外とお金のかかることがあります。

:1234:送料
基本的には送料は無料です。ただ、IKEA等では、日本の小売の常識からは考えられないような送料をとられることがあります。IKEAで送料の事をしらずに、大量に購入して、清算後に高額な送料が必要と分かり、多くの人が返品手続きをしていてごった返していたというオープン当時の話を聞いたりもします。またネットショップやオークション等の場合も送料がかかる場合が大半なので、送料はしっかり確認しておきましょう。送料入れたら、結局あそこで買った方が安かった。ってことも多々あります。

:1234:保管料
お気に入りのマットレスが、ベッドフェアで出品されていたので、急いで購入したけど、引越し等の関係でしばらく預かっていてほしい。そんなこともあるかもしれません。何ヶ月間は保管料無料、等のサービスもあるので、この辺もしっかり確認しておきましょう。

:1234:吊り上げ費用
マットレスが階段を通らなくて、部屋に運び込むには吊り上げが必要になった。そんな時に発生するのが吊り上げ料です。クレーンを使った吊り上げになると、かなりの費用が別途必要になります。吊り上げの環境にもよりますが、通常1万円~3万円くらいではないでしょうか。

:1234:組み立て料
組み立てくらい自分でやります。な人も多いかもしれませんが、女性やお年寄りの場合、また大きなサイズのベッドを購入した場合は、組み立てをお願いしなくてはならない場合があります。

:1234:処分費用
新しいマットレスを購入したら、これまで使ってたマットレスが不要になった。そんな時に不要なマットレスを処理する必要が出てきま。処分するマットレスのサイズにもよりますが、通常5000円~10000円程度ではないでしょうか。業者さんに高いお金を払って処分してもらうよりは、自治体等のサービスを利用して処分した方が安い場合があります。

このように、マットレスは購入するだけにお金がかかるのではなく、利用するまでに以外な出費がかかってきます。マットレス単体を購入する際に、一番安いお店を見つけた!店員さんを値切れた!と喜んでいても、実は最終的にトータルで見ると、あそこの店で買うよりも高くなっていたってことも良くある話です。マットレスの利用環境等をあらかじめちゃんと把握した上で、全体的なコストを計算した上での購入がのぞましいです。送料/吊り上げ/組み立て/処分、全て無料!というお店もありますし、マットレス自体の値引きはできないけど、このような諸費用を無料にしてもらう等の交渉もできると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。