ニュース

ロイヤルパークホテル・ザ・福岡に、シモンズの「eイオンクリスタルベッド」

ロイヤルパークホテル・ザ・福岡

三菱地所の子会社ロイヤルパークホテルマネジメント社は25日、福岡市のJR博多駅博多口近くに7月30日に開業するシティホテル「ロイヤルパークホテル・ザ・福岡」の内覧会を開催しました。
同駅周辺は1泊5千円程度の割安なビジネスホテルが多い中、同ホテルはシングル12,705円から、スイートはなんと100,000円超と高級志向の価格設定となってます。最近では、九州新幹線鹿児島ルートの全線開通等もあり、また九州は、台湾/韓国/中国等にも近く、今後様々な可能性のある地域といった背景もあり、高級志向のビジネス客を取り込む狙いなのでしょうか。マイア・ヒラサワの「Boom!」の曲を用いた九州新幹線前線開通を祝ったテレビCMも最近話題になりましたが、九州は今後とても注目のエリアなのかもしれません。
ところで、ホテル開業となると、気になるのが設置されているマットレスですが、当ホテルは、シモンズのマイナスイオンマットレス、「eイオンクリスタルベッド」が採用されているようです。「eイオンクリスタルベッド」とは、これまで「シモンズマイナスイオンプレミアム」を新しくブランディングした商品名なのでしょうか?シモンズのマイナスイオン素材は、マイナスイオン(小イオン)、遠赤外線を半永久的に常時自然発生する特殊繊維「シモンズファイバー」を使用した付加価値の高いマットレスです。シモンズファイバーは、JIS規格に基づく測定法をクリアしたマイナスイオン素材であり、トルマリンなど14種類の天然鉱石の混合粉体である特殊セラミック鉱石(特許第3306790号)を練り込んで織り上げた特殊繊維です。シモンズから発売されているベッドパッドやコンフォーターにもマイナスイオンシリーズは展開されています。
近くにお住まいの方、もしく福岡に滞在することがある方等は、一度当ホテルを利用して、「eイオンクリスタルベッド」を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す