ニュース

マイケルジャクソンさんのベッドがオークションに

マイケルジャクソンさんのベッド

マイケルジャクソン12月にジュリアンズ・オークションズ(Julien’s Auctions)で競売にかけられることになっていたマイケルジャクソン(Michael Jackson)さんのベッドが、この度、家族の要望によって出品が中止されることになりました。
オークションは12月17日(土)に開催される予定で、2008年12月から死去するまでマイケルさんが住んでいた自宅の家具や絵画、陶器などが出品されるそうです。その中でも最も注目を集めていた物は、2009年6月25日に、専属医コンラッド・マーレー被告が意識を失ったマイケルさんを発見したというベッドでした。当初はマットレス込みでベッド全体がオークションにかけられると報じられていましたが、実際はクイーンサイズベッドのフレームだけだったとのこと。もしくはヘッドボードのみとも言われている。しかしマイケルさんの遺族から反対があったとらしく、出品の中止が発表されました。オークションハウスの代表ダレン・ジュリエンは、マイケルさんの子ども、家族、遺産管理団体の希望に沿わないことは絶対にしないと、快くベッドの出品取り消しに応じ、「ベッドのどの部分もオークションにはかけられません」とコメントしています。しかし、マイケルさんのアンティーク家具、絵画、身の回り品などのその他の遺品は予定通りオークションにかけられるそうです。実際にマイケルさんが亡くなってからこれまでに、スリラーで着たあの世界一有名な赤色の革ジャケットやクリスタル飾りの手袋、リサ・マリー・プレスリーさんとの結婚許可証、家具などがオークションにかけられ、高額で落札されています。マイケルさんの最後の住所となった“100 North Carolwood Drive”から出品される家具や美術品は、オークションに先駆けて12月12日からジュリアンズ・オークションギャラリーで展示され、一般の人々も見ることができるとのこと。
確かに写真を見る限りだと、とても装飾性が高い素晴らしいヘッドボードですが、マットレスは一体どこのブランドのマットレスを使用していたのかも気になります。マイケルさんの事なので、特注のマットレス等を使っていたのかもしれません。

コメントを残す