自宅のベッドとホテルのベッドの違いといったら何でしょうか?自宅のベッドは、マットレスの上にベッドパッドを敷いて、その上に掛け布団をかけているだけかと思います。ホテルのベッドの場合はシーツが両脇に挟みこまれていて、どの隙間に入ったらよいのか分からない時ってありませんか?無理やりどこかの隙間に入ったとしても、はたしてこれであってるのかな?とか不安になってしまうこともあります。では何故ホテル等では上にかける物までマットの下に挟むのでしょうか?これはシワがよりにくく、見た目にも清潔に見える為、このようにしていると言われています。どこの隙間に入ればよいかわからなくなるのは、シーツと羽毛布団の間にあるアッパーシーツに原因があります。アッパーシーツは直接体が布団に触れないようにして、布団がよごれないようにする為のものです。ベッドメイクの時は、布団はそのまま変えないですが、このアッパーシーツだけを交換するようになっています。さすがに自宅でアッパーシーツを使っている人はいないと思います。なので、ホテル等で「あれ、これって何?どこの隙間に入るのかな?」みたいに感じるのではないでしょうか。

ベッドメイク, ホテル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。